FC2ブログ
2017/05/18

こしょく、固食と小食

今日は固食と小食です。
以前 孤食と個食についてはお話しましたね。
それに続き、大きな問題になっています。


まず固食ですが、かたい方を想像されましたか?
いいえ、固は固定の〝こ〟なのです。


自分の好きな物、同じものばかりを食べることを指します。
食事の内容が固定されると、栄養が偏ることはもちろん、
味覚の発達にも影響します。

嫌いな食べ物

栄養が偏るので、ビタミン・ミネラルの一部で
不足するものが出てくるために、
キレやすくなったり、イライラしやすくなります。


もう一つの小食。少食と書くこともあります。
こちらは字の通り、食事量が少ないことを指します。


今、食べることに興味を示さない子供が増えてきているようです。
体を動かさないゲームなどをして過ごすため、
お腹が空かない、ゲームの楽しさから止められない、
そのようなことが要因となっています。


食事量が少ないと、
必要な栄養素が十分な量摂取できないということにもなります。
それが続くと、体の成長に影響したりと、
とても深刻な問題を引き起こします。

小食

まだこしょくの問題の種類は残っています。
引き続き、みなさんでこしょくの問題を考えてみましょう。
次回は粉食と濃食についてです。
2017/05/13

こしょく、個食

前回お話した孤食。
子供が一人寂しく食事をとることでしたね。


それとは異なり、個食は、
「家族が食卓に揃っていても、
それぞれがバラバラのメニューを食べていること」
という意味を持っています。



例えば、一緒に食卓を囲んでいても
パパはお刺身、ママは焼き魚、子供は唐揚げ・・・
など異なるものを食べている状態です。


「好き嫌いがあるから」
「今はこれが食べたい気分だから」など、
自分のワガママな意思で別々のメニューを選択するため、
料理を作る人がそれぞれ用意しなければなりせん。


このような食卓を囲んでいると、
・好き嫌いが治らない
・食事以外でもワガママになる(協調性がなくなる)

泣く男の子

などの問題が生じてきます。
上記は、他のしつけがしっかりしていれば大丈夫!
と言う方もみえるかもしれませんが、


この他にもバラバラなものを食べているので、
共通の話題が少なくなり、
食卓を囲んだ家族の会話が少なくなる
と言うことも。


また、作るのが大変なので、
品数が減る傾向にあるようです。


お子さんの将来のためにも、
ぜひ個食にならないようにしてあげることが大事だと思います。
しかしダメ!だけでは、何の解決にもなりません。


家族の好きなものを順番に作り、
どのようなところが好きなのか等
感想を家族でいいあったりするのは、
いかがでしょうか。

みんなで囲む食卓

また、嫌いな食品は調理法を工夫して提供する、
材料は嫌いなものを省き、調理法は同じにする。
(魚の竜田揚げの場合、お肉の竜田揚げに変更する等)
食べたくないものは少量にする、でもいいと思います。


個食になってしまっているな、
ワガママを聞いて、好きなものばかり提供しているな、
と思った方は、少し見直されてはいかがでしょうか。
2017/05/04

こしょく、孤食

スプーンとフォーク

孤食ー
字の通り子供が一人で食事をとることを指します。


共働きやシングルマザーの増加により、
孤食も増えてきており、
1980年頃から問題視されてきていたようです。


小学生で10人に1人以上、中学生で4人に1人が朝食をひとりで食べる
子どもと毎日一緒に朝ごはんを食べる保護者は半分に満たない
というアンケート結果を公表しているところもあります。


実際に内閣府の調査によると、家族と一緒に食べる頻度について、
「ほとんど食べない」と答えた者の割合は、
朝食は25.5%、夕食も8.8%と、
家族がそろって食卓を囲む機会が少なくなっています。

農林水産省アンケート

正直 この数値の多さにびっくりしました。
以前にもまして、孤食が急激に増加しているのを
実感させられる結果でした。


この孤食がどうしていけないのか?
食事は生きる上で、重要な行動の一つで、
これが乱れることで、生活リズムが乱れ、
生活習慣までをも脅かすこととなるのです。


肉体的なことだけに留まらず、
精神的においても情緒不安定になりやすいなどの
多くのデメリットも出てくるようです。


実際に農林水産省のアンケートで、
食事を家族と一緒に食べることは、
一人で食べるよりどのような良い点があると思うか、
3つまで選んでもらったところ、


「家族とのコミュニケーションを図ることができる」81.1%、
「楽しく食べることができる」66.2%
と特に多くなっていました。


このことからも、食事をする目的は
単に栄養をとることだけではなく、
その日の出来事を話し合ったりする
コミュニケーションの場としても重要であり、


それと同時に学びの場としての機能も持つため、
これが失われることで子どもの発達にも
大きな影響があると言えます。

家族で食事

精神的に安定するためにも必要なことですし、
子供が食情報を知る上でも大事な時間です。
子供と一緒に食事が取れる時間がある時は、
ぜひ一緒に楽しい時間を過ごして欲しいと思います。
2017/04/26

核兵器が使われたら

ニュースで、
北朝鮮と日米の報道が
毎日のようにされています。


アメリカが威圧的な態度を見せると、
北朝鮮が挑発的な言葉で返してくる、
平和を望む私にとって、
毎日が息苦しく感じます。

原爆ドーム

もし、核兵器を使ってしまったら、
想像するだけで
涙が溢れてきてしまいます。


人ばかりか、野菜にも大きな影響があるのです。

土と大根

人は移動できても、畑に植えれらた植物は移動できません。
ですので、放射能の雨を浴び続けてしまいます。
放射能を浴びてしまったものを食すると、
その人に蓄積されるため、とても危険です。


土の中に埋まっていたものなら、
かなり放射能被害が少ないそうです。
すぐ食べるのなら、根菜類なら大丈夫そうです。


しかし雨が降ってしまうと、
地上にある放射能が流れてしまうため、
土の中まで汚染されてしまいます。


こうなると、あたり一面の食べ物は、
土壌が汚染されてしまうため、
何年も食べることができなくなるでしょう。


水だって、同じことが言えます。
浄化槽に入り込んでいたものはまだ良いですが、
川などでは汚染が始まっていますから、
すぐに飲めなくなってしまいます。
綺麗になるには、かなりの年月がかかるでしょう。


核兵器を使う、と簡単に言いますが、
何のために使うのか、私には分かりません。
みんな仲良くなればいいのに、、


最低限、お水の確保と食料の確保は
しておいたほうが良さそうです。
備えあれば憂いなし、とは言いませんが、
少しでも不安が解消されます。


また、逃げる場所などに関しても、
家族で話し合われておいたほうがいいと思います。


栄養とは少し離れてしまいましたが、
今の状況からして話さずにはいられませんでした。
このようなことが起きないことを祈って、、
2017/04/25

食料自給率とは?

農林水産省が出している、日本の食料自給率は39%。
この39%という数字、
何に対して出している数字かご存知でしたか?


今まで学校でも、新聞でも自給率が低いと聞いてきました。
しかも低下の一途だとも。


ただ39%というのは、カロリーベースの数字。
生産高で見たら66%もあり、
世界に劣らない数値なのです。


しかし、やはり問題もあるようで。
以前から食べられているものは作られているのですが、
最近食べられるようになったものは、
ほとんどが輸入に頼っています。


小麦や油の原料はほとんどが輸入です。
また、豚や牛などの家畜の飼料も輸入に頼っています。
また贅沢に日本で作られていないフルーツなども
食べられるようになりましたしね。


このように日本で作れていないものはありますが、
世界的に見て、足りなくなるということはないようです。
実際に休耕地は世界に沢山あります。


もっと需要が増えれば、休耕地を使い、
作り出すはずだけど、未だその動きは見られない
=世界的に見て、まだ食料が十分にある
ということになります。


しかし食料をこれ以上日本国外に頼むようになるのだけは
避けたいとは個人的に感じています。
日本人に合った食生活は日本食なので、
日本食を食べていれば、自給率は自然と上がるはず。


これからの自給率が下がらないよう、
しっかりと監視していきたいと思います。