FC2ブログ
2016/08/30

甘味料の種類は複雑

はてな

甘いものには、必ず甘味料が入っています。
でも甘味料と一言で言っても、
色々な種類があるのをご存知でしょうか。


天然から摂れるものや、人工的に作られたもの、
甘いのにノンカロリーのものや、体に害を及ぼすものまで、
実に様々ですし、複雑です。


これから少しづつこれらを説明していきたいと思います。
今回は甘いものの分類から。


甘味料は、
糖質が含まれるものと、そうでないものとに分かれます。
糖質には、砂糖の原料のショ糖や、
白米に含まれるでんぷん、消化されにくいオリゴ糖もここに含まれます。
ブログ:「砂糖」「糖質」「糖分」の違い


また、糖質に水素を添加して化学的に安定させた
糖アルコールも糖質の甘味料に含まれます。


こちらは天然素材を原料としており合成甘味料とは異なります。
WHOでも、安全性が高いと評価しています。
妊婦でも安心して摂取することができます。


そして、
糖質が含まれないものは、
大きく二つに分けることができます。


植物の葉や果実などに含まれている甘味成分を抽出した
天然甘味料。
ステビアや羅漢果がこれに当てはまります。


もう一つは、化学合成により作られる高甘味度甘味料の
合成甘味料。
アスパルテームやサッカリンが有名です。


ちなみによく耳にする「人工甘味料」は、
=合成甘味料と捉えられることが多いですが、
糖アルコールも含まれることもあります。


聞いたことがある名前がたくさん出てきましたね。
カタカナが多くて、わかりづらいと思われていた方も、
今回で是非 習得してくださいね。


次回から、これらを少しづつ掘り下げて
見ていきたいと思います。

コメント

非公開コメント