FC2ブログ
2016/08/16

「砂糖」「糖質」「糖分」の違い

「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」「糖質制限ダイエット」「糖分控えめ」
なんていう言葉をよく耳にしますね。
では一体どう異なるのか、ご存知ですか?


どれもカロリーは少なそう、とは感じますが、
違いを理解している方は少ないのではないでしょうか。


炭水化物とは、糖質と食物繊維を合わせた総称を指します。

炭水化物一覧表
(味の素株式会社より抜粋)

その糖質を糖の大きさで分けると、
単糖類<二糖類<多糖類
に分けることができます。
糖類には大きさによって、種類があったのですね。


単糖は、これ以上分解することができない形 例:ブドウ糖や果糖
二糖類は、二つの糖からできている、甘みの強い物 例:ショ糖(砂糖)や麦芽糖
多糖類は、多くの糖が繋がっている物 例:でんぷん(米や麺類)やオリゴ糖


とまとめることができます。
すなわち「糖類」は「糖質」の一部ですから
「糖質ゼロ」と記載があれば「糖類」も入っていないことにはなります。


では、糖分とは何なのでしょうか?
実は、定義がとても曖昧なのです。
糖の種類や甘みとして使われていることが多いですが、
「糖質」と混同されて使用されていることもあるようです。


これらの言葉をきちんと理解すると、
今まで理解できなかったこともきちんと分かりますね。
そして、友達にも自慢できてしまうかも!?

コメント

非公開コメント