FC2ブログ
2018/09/04

ベトナムコーヒーの味わい方

ベトナムコーヒーはロブスター種を使っているそう。

そのロブスター種は、ベトナムでよく作られ

とても苦く、独特の風味があります。





それを美味しく飲むために深煎りが一般的。

なので、あんなに色が濃いのですね。

そして、これらとは甘いのが合う!ということで

練乳を入れて飲むのが主流のようです。


bベトナムコーヒー1

(以後、HP:Coffeemeccaより)





そして、このコーヒー

ちょっと変わった入れ方をするのです。





コーヒー粉をドリッパーに入れるのはいいのですが、

上から落としぶたのようなもので押さえるのです。

ベトナムコーヒー2


ちょうど写真左奥に見えるあの道具を

コーヒー粉の上にセットし、

ぎゅっとコーヒー粉を押さえつけます。





そうすることで、筒の中にコーヒー粉が浮遊することなく、

お湯がじっくりゆっくり粉の中を通り、

コーヒーの美味しさを蓄えて下に落ちていきます。







なんとお湯を入れてから落ちるまで5分ほどかかるそうですよ。

なので、美味さもですが、

味も苦さもなんでもしっかり出てきます。





一般的には、エスプレッソに近い感じなのかしら?

あまりコーヒーは詳しくなくてゴメンなさい。





以上のことから、

ベトナムで購入したコーヒー粉が、

あんなに色が濃くて、細かかったのですね。





練乳か〜と分かったものの、

いつもストレートで飲んでいるので、

実践してみようか迷っています。





また実践したらアップしますね。

コメント

非公開コメント