FC2ブログ
2018/05/12

意味深いのし

冠婚葬祭で贈り物を行うときに、必ず使用されるのし。

時々しか利用しないこと、店員に任せれば間違えないものを選択してくれることから、

あまり深く考えたことがありませんでした。





今回、怪我で入院・退院していたにも関わらず、

その事実を知ったのは退院してから1ヶ月を軽く過ぎてから。

しかも親戚にあたるので、知ったからには無視するわけにもいきません。





退院してかなり日数が経つので退院祝いはおかしい、

だからと言ってお見舞いか?でも

怪我した本人は全快はしていないものの、95%ぐらい回復しているらしい。





こんなケアは稀らしく、ネットを探してもイマイチ。

これだ!というものと巡り会えません。

でも探しているうちに、いろんな発見をしました。





今までのしと言っていた用紙はのし紙というらしく、

のしは、あくまでお祝いの際に右上にある

色紙を折った形のもののことを指します。

のし紙の説明

こののし。

実は薄い紅白の紙の中に

薄く伸ばして切った鮑を包んだものなのです。

アワビ

アワビは海の深いところにいます。

海に潜らないと採れないことから、

昔から大変貴重な品物だったのです。





ですので、海のそばに住む者からの最上の贈り物として、

沿岸地域を収めた豪族や武士たちが

天皇家や土地の神様に干し鮑を献上しています。





しかしアワビはとても高価なので、

鎌倉時代からのしアワビが広まるようになりました。

 hoshiawabi

のしアワビの作り方は、

アワビを薄く剥いで、昔のアイロンを当てて平たくのばしたもの。

一つのアワビを分けて、あちこちの供物にできます。





その風習が元となり、

今ののし紙があると言われています。

とても勉強になりました。





ちなみに、このようなお見舞いののし紙での注意点 として、

・結び切りにすること

・快気祝いは、怪我や病気をした本人が使う言葉である

・値段や用途によって、水引の本数が異なる

こんなことも今回発見しました。

ご参考になれば幸いです。

コメント

非公開コメント