FC2ブログ
2018/04/23

アカモク食べるといいことある?

前回はアカモクについて、

詳しくお話ししましたね。
(前回のブログはこちら

アカモク料理1

今日は栄養面についてお話しします。

スーパーのポップにスーパーフードと書かれていた理由、

それは、、



ビタミン・ミネラルが豊富である!こと。



それだけでは、他の海藻類と一緒なのでは?

そうですね、では違いを見ていきましょう。



フコイダンを中心とした食物繊維が豊富
脂肪を燃焼させると言われるフコキサンチンが含まれる
ビタミンKを中心としたビタミンが豊富
カリウムや鉄などのミネラルは、量が多いだけでなくバランスも良!
ポリフェノールなどの抗酸化物質が多い


などの特徴があります。

その中でも、あまり聞きなれない

フコイダン・フコキサンチンについてお話ししましょう。

アカモク料理3

フコイダンとは?

アカモクを包丁で叩くとネバネバしてきますね。

そのネバネバさせているのがフコイダンなのです。





注目を浴びている性能が

・抗がん作用
(免疫力増強やがん細胞のアポトーシスを誘導など)

・動脈硬化の予防、高血圧・血糖値の低下
(水溶性食物繊維の働きにより、コレステロールや中性脂肪を排出しようとする
これらにより血液がサラサラになり、血圧も低下。
また血糖値の上昇を穏やかにする作用もある)

ですが、まだまだ実験段階。

これから本格的に分かってくるようですので、鵜呑みにしないように。





フコキサンチンとは?

カルテノイドの一種で、アカモクの赤色の成分です。

このフコキサンチンは抗酸化力以外にも

・脂肪燃焼作用
(一般的には中性脂肪を溜め込む作用をする白色脂肪細胞が、
蓄積された脂肪を燃やそうとする作用が現れるそうです)

・抗がん作用
(こちらでも細胞のアポトーシスを誘導する働きがあるので
ダブルパンチ効果ですね)

・抗肥満、血糖値低下作用
(糖質の代謝に必要なタンパク質を活性化させる、
上記の脂肪燃焼作用により肥満防止)

とたくさんあるようです。





まさに夢のような食品ですね。

でもこちらについてもあくまで可能性あり程度の話です(特に脂肪燃焼について)。

なんでも理解しないまま、飛びつかないように!





そして一つ弱点も。

ヨウ素というミネラルがたくさん含まれていること。

これは海藻にたくさん含まれるもので、

アカモクも例外ではないということ。





日本人はかなり多量に摂取しているので、

アカモクを多量に摂取すると、ヨウ素も多過になる傾向があります。

やはりほどほどが大事ということですね。





でも、海藻はミネラルビタミンが豊富で、

何の献立にでも合わせやすく、取り入れやすい食材ですので、

野菜が不足した時や、旬の今しかない生を

ぜひ味わってみてくださいね。

コメント

非公開コメント