FC2ブログ
2018/04/21

アカモク

またまた珍しい食べ物です。

スーパーで、「今話題のスーパーフード!」

というポップを目にし、近づく私。





海藻は食物繊維が豊富でカロリーが低いことから、

積極的に摂りたいものです。

てなことで、早速購入。

DSC_1433.jpg

パックを開けてみると、

アカモク生

これを水で洗い汚れを取り除いた後、

さっと湯がきます。





ポップには、沸騰させたらダメ!とありましたが、
(粘り気がなくなるとか)

沸騰させたお湯の中に入れました。
(温度を測りながら、、そんな面倒なことはできません)

そして水洗い。

DSC_1435.jpg

色が一気に緑色になり、食欲が増す色になりました。

子供達も実験みたいで面白い!!と言っていました。

粘り気、たくさん残っています。大丈夫でした。





本来はここから叩いてもっと粘りを出すようですが、

面倒くさがりの私は、そのまま醤油で食べてみることに。

うん!美味しいじゃない!!





歯ごたえがしっかりあるので、

満腹中枢を刺激するのにもいいです。

粘りもあるしメカブに似ているのかな、と思います。

でもアカモクの方がシャキシャキしているかな。





このアカモク、ほぼ日本各地で見られます。

これを好んで食べる地域で有名なのが、

秋田・山形・新潟・京都 で

それら各地で呼び名が違ってくるのが面白いです。





秋田では「ギバサ」、山形では「ギンバソウ」

新潟では「ナガモ」だそうです。

アカモクとは、かなり遠い名前ですね。





秋から冬にかけて生長し、

本州中部では4月〜5月に成熟します。

ということで、今が旬ですね。





通常は茶褐色なのですが、

初夏の枯れる直前に赤褐色になることから、

アカモクの名前がついたと言われています。





ポップにあったスーパーフードの文字。

栄養の説明をしたかったのですが、

前置きが長くなったので、本日はここまで。

コメント

非公開コメント