FC2ブログ
2017/12/02

アルカリ性食品とは?

アルカリ性食品とは?

あまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

食べ物を分類するときに、色々な分け方があります。





栄養素の体内の働きで食品を分けた、3色食品群

食品の栄養素ごとに分けた、5大栄養素

似た栄養を持つ食品で分けた、6つの基礎食品群





そして、別の見方として

酸性食品、アルカリ性食品

と分けることができます。

試験管と色

これは、食品の中に含まれる成分で、

酸性ものもが多く含まれる:酸性食品

アルカリ性のものが多く含まれる:アルカリ性食品

と分けることができます。





ただ、これらをとることにより、

体内が酸性やアルカリ性に傾くわけではありません。

一定に保つよう、体は働いてくれます。





その体の作用により、尿に排出されます。

ですので、酸性食品を取りすぎると、

尿が若干酸性に傾く、といった具合です。





尿はもともと弱酸性ですが、

尿酸値が高い方は、尿が一層酸性に偏りがちです。

いわゆる酸性の食品を多く摂取している人が多いです。





尿酸はもともと水(尿)に溶けにくい性質ですが、

酸性になることにより、ますます溶けにくくなってしまう

という現象が起きます。





そして、排出されにくくなった尿酸が、

血液を使って体内に巡っているという状態なのです。





では、酸性食品、アルカリ性食品にはどのようなものがあるのか?

酸性アルカリ食品

(e痛風ガイドより)





主にアルカリ性食品には、海藻やキノコ、野菜になります。

これらの食品は低カロリーな上に食物繊維やカリウムが豊富で、

生活習慣病の予防にも効果を発揮します。

野菜たち

ただアルカリ性食品ばかりを食べれば良いわけではありません。

きちんとバランス良く摂取しなければ、

効果が発揮できません。





尿酸値が高いということから、

今まではアルカリ性食品が不足していたということなので、

今までより積極的に摂るよう心がけましょう。
プリン体が悪さするに戻る)

コメント

非公開コメント