FC2ブログ
2017/11/14

柿をそのまま食べるだけでは勿体無い!

前回は柿の渋みと成分について

お話ししました。

本日は食べ方をご紹介します。





柿なんて、生で食べるに決まってる!

私もその一人でした。





しかし柿は料理にも合うし、

干したり熱を加えることにより、

いろいろな特徴が出てくるのです。





料理として出すときは生のままです。

サイコロ状にして、

さつまいもとチーズと和えたり、
(写真:クックパッドより)

柿のサラダ

豆腐と好きな野菜と混ぜた白和え
(写真:クックパッドより)

柿の白和え

アクセントになり、また秋も感じれて

素敵な一品になること間違い無し!





また、コンポートジャムも美味しいです。
(写真:クックパッドより)

柿のコンポート

こちら、材料は柿と砂糖とレモン汁のみ。

レンジでチンして好きな固さになったら完成。





サラッと入ってくるので、

生で食べる食感とは異なり、

これもお勧めです。

レモン汁を入れるので、さっぱりします。



写真を撮るのを忘れてしまったので、

クックパッドの参考にさせていただきました。

ご了承くださいませ。





うちではまず、干してみました。

DSC_0842.jpg

丸のまま干すと時間がかかるので、

カットして、鉄板に並べてみました。





キッチンペーパーをひいても大丈夫と書いてあったのですが、、

くっついてしまいした。

安いものを使ってるからかな。

我が家の干し柿

丸ごと干すのとは異なり、数日でドライになります。

歯ごたえは他のドライフルーツに似ています。

パン屋お菓子に入れても美味しそう。





フルーツも、こうやって食べたら、

また違った食べ物のようになりますね。

そのまま食べるのが飽きてきた方は、

ぜひおためしくださいね!

コメント

非公開コメント