FC2ブログ
2017/10/25

骨量って?骨量を増やすには!?

丈夫な骨作りへの指標となる「骨量」は

10代からぐんぐんと高まり、

20歳頃をピークにあとは下降の一途をたどります。

骨量グラフ
(ユニタ整形外科クリニックより)

つまり、

長い人生において成長期という限られた時期が

一番効率よく骨量を増やすことが出来る時期なのです。





この時期にしっかりと骨量を蓄えておくことで、

大人になっても丈夫な体でいられます。





もうこんな時期は過ぎた!という方でも、

これから予防・対策を講じれば、

低下の速度を和らげることができます。





どのような対策をすれば良いのか。

気になりますよね。





カルシウムを摂れば良い!

それはもちろんですが、

それだけではありません!!





実はカルシウムを摂取することと同時に、

吸収率をアップさせることも

重要なのです。

ビックリマーク

それらは、

ビタミンD:きのこ類、鮭、カワハギ、しらすぼし

マグネシウム:木綿豆腐、あおさ、種実類

ビタミンK:葉物野菜、海苔、納豆

です。(摂取しやすいものを挙げています)





これらは、カルシウムの腸からの吸収を助けたり、

沈着する作用を強化してくれたり、

また骨からの流出を防いでくれます。

ウォーキングする夫婦

そして他にも、運動が有効だと言われています。

筋肉によって骨に適度な刺激を加える運動は

カルシウムを骨に取り込み、骨を強くします。

コメント

非公開コメント