FC2ブログ
2017/05/28

こしょく、まとめ

今日まで色々なこしょくを見てきましたね。
どんな印象をもたれましたか?


他にも、
超食:食べ過ぎ、飲みすぎ
コ食:コンビニ食
五食:朝食抜きで、おやつ⇒昼寝⇒おやつ⇒夕食⇒夜食といった五回食
戸食:家で食べない
庫食:冷凍食品など、電子レンジで温めるだけの食事
枯食:水分が乏しいスナック菓子、インスタント食品
呼食:ピザ宅配など、デリバリー食
こんなこしょく問題も広がっています。


共働きやたくさんの習い事で、
食事に対する時間がなかなか取れない、
という家庭も多くなってきています。


このように食事を軽視することで、
これらのこしょくが生まれてしまったのです。
栄養士としては、とても残念なことです。


ではどうすればいいのか?
それはー、
できる限り家族で食事を一緒に摂ることです。

みんなで囲む食卓

食事を共に摂ることで、
家族がどんなものが好きなのかわかります。
食の好みの変化にも気づくことができます。
周りが食べているので、自分も食べようと努力したりできます。


食べ物のことばかりでなく、
どんな悩みを持っているのか?
今日の出来事など、
コミュニケーションをとることができます。


一番重要だと言われているのは、3歳から8歳の食卓です。
この時期に食卓でいかに家族が一緒に食事をするかで
その後の食生活が左右されます。


たかが食事だけではなく、
食事によって人生も左右する、
それぐらい大事なものです。


もっと食事について考える機会を持っていただき、
ぜひ食事から、楽しい家族・幸せな家族の形を
培っていただけたらと思います。

家族笑顔

コメント

非公開コメント