FC2ブログ
2016/06/08

調理法の特徴をつかめ!

調理法と言ったら、どんなものを想像しますか?
色々あると思いますが、
まずは、ここで重要になってくる調理法を挙げてみましょう。


・煮る
・茹でる
・蒸す
・焼く
・炒める
・揚げる
・生で食べる


これらの調理法が一回の献立で、
かぶらないようにすると、
飽きずに食べることができます。


また、かぶらないようにするのには
他にも理由もあります。


・煮る・茹でる・蒸す・焼く
上記の4つの調理法は、
油を使わないので、低カロリーです。
和食でよく用いられる調理法です。
なので、和食は低カロリーの献立が多いのです。


・炒める・揚げる・生で食べる
こちらの調理法は、油を使用します。

生で食べるに関しては、
冷奴などは油は使用しませんが、
サラダやナムルなどはドレッシング(80%油でできています)や油を使用します。


中華料理では、
炒めたり揚げたりする調理法が
たくさん用いられています。


フランス料理では、
油でソテーしたり、生で食べる調理法が
よく用いられています。


もちろん和食でも揚げることもありますが、
頻度としては、あまり多くはないと思います。


このようなことから、
カロリーを抑えようと思うのなら、
和食のメニューをたくさん
取り入れるといいことがわかります。


油を使用すると、
塩分が少なくても満足するという
法則があります。


ドレッシングだととても分かりやすです。
マヨネーズは大さじ1で84kcal。だけど、塩分は0.2g。
乳化型ドレッシングは、60kcal、塩分は0.5g。
ノンオイルドレッシングは12kcal、塩分は1.1g。
ポン酢醤油7kcal、塩分は0.9g。


上記2つは油が含まれているドレッシングなので、カロリー高めで塩分は低め。
下記2つは油が含まれていないので、カロリー低いけど、塩分は高いです。


このように、
自分にはどのような調理法が合っているか、
メインはこの調理法なら、他は違う調理法で行う。
とちょっと調理法にも目を向けていただければと思います。

コメント

非公開コメント