FC2ブログ
2016/12/31

なんで年越しは蕎麦なの?

今年一年いろいろありました。
でも家族が元気に今日を迎えられ、嬉しく思います。


今は主人の実家で、年末年始の行事を
堪能しながら過ごしております。
慌ただしいですが、毎日があっという間に過ぎていきます。


さて、12月31日に年越し蕎麦を食べましたか?
食べたという方も、なぜ年越しに蕎麦を食べるのか
ご存知でしたか?

年越し蕎麦

実は年越し蕎麦にもきちんとした
由来があるのですよ。
ご紹介します。


そばは他の麺類と比べて切れやすい事から
「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、
江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたとされています。


また、昔からそばは体によいものとされ、
食べると体内に溜まった毒を取り払ってくれると
思われていました。


そのため、
新しい年を健康で迎えられるように、
大晦日の夜にそばを食べたとされています。


さらには、細く長い見た目から長寿への願いや、
その昔細工師が散らばった金粉を集めるのに
そば粉を丸めたものを使った事から


金運がよくなるように、
といった願掛けもあったようです。


昔の人の色々な考えがあっての
年越し蕎麦だったのですね。

蕎麦

年越しそばの由来の中には
厄を断ち切ると言ったものがあるため、
新年に跨いで食べるのは縁起が悪いと言われています。


また、年越しそばを残すと
金運に恵まれないとも言われているので、
お腹がいっぱいの時はあらかじめ少な目に盛る事も大切です。


こんな言われに注意しつつ、年越し蕎麦を楽しみましょう。
紅白を見ながら今年を省みながら蕎麦をすすり、
毎年 同じことができることが何よりの幸せです。

コメント

非公開コメント