FC2ブログ
2016/12/25

冬至にはやっぱり柚子湯

今日は冬至に欠かせない、
柚子についてお話しします。

柚子の木

冬至の日から再び太陽の力がよみがえり
日が少しづつ長くなり始めることから
「一陽来復(いちようらいふく)」と呼ばれています。


一陽来復とは簡単に言うと
陰が深まり陰が極まり陽に切り替わるということで
要は太陽の力が復活する日とされているのです。


冬至にゆず湯に入るのも、
太陽の力が復活する日に体を清めるためとされています。


また冬至は湯に入って病気を治す
「湯治(とうじ)」とかけられて


ゆずは「融通」が利くようにという
願いも込められているのです。
色々と考えられているのですね。

柚子湯

柚子湯は温まって風邪がひきにくくなると
良く言われていますね。


実はゆずの成分には
血管拡張を促す成分が含まれていて
血液の循環が良くなることで体温も上がりやすく
保温性が良くなるからなのです。


またダイエットにも良い!という噂も
聞いたことがありませんか?


気になる効果というのは上記と同じように
血管の拡大により体温が上がり汗がかきやすくなり
新陳代謝が良くなるからなんです。


他にもビタミンCを沢山含んでいるので
肌荒れを早く治してくれます。


他にもたくさんの効能がある柚子湯。
ぜひ柚子がたくさん手に入った時には、
試してみてはいかがでしょうか。

コメント

非公開コメント