FC2ブログ
2016/10/07

タンパク質とカロリーの関係

どんな食品にもタンパク質、脂質、炭水化物が含まれており、
その含有量が違うのだということは、
以前からお話ししていると思います。


今日は、タンパク質が多く含まれると言われている
肉と魚、卵、大豆、牛乳で
タンパク質とカロリーについて比較していきたいと思います。


しかし食べるものによって、
食品100gを摂取した時にタンパク質の量や、
カロリーがかなり異なってくるのを
ご存知でしょうか。

食品100g摂取した際のタンパク質量とカロリー量

カロリーの量は、脂質の含有量と比例しています。
脂質が多い牛カルビ肉では、
タンパク質が少なく、カロリーが高くなっています。


肉・魚のほとんどの種類は
食品100g摂取すると、タンパク質量は、
ちょうど一食分ぐらいになることがわかります。


一般的な方が1食でのタンパク質量が20gが理想であることから、
タンパク質が20gの際のカロリーを見ていきましょう。

タンパク質20g摂取した時のカロリー

カルビはいわゆるバラ肉です。
油がたくさん含まれている部分なので、
飛び抜けて、カロリーが高くなっています。

肉盛り合わせ

他の肉類も、
赤身部位の方が、
カロリーは抑えられていることが分かります。


魚類は、
食品100gに含まれるタンパク質量の変化がないことから、
脂質が多くなる順、白身→鮭→青魚の順で
同じタンパク質量ではカロリーが上がります。

魚盛り合わせ

しかしながら、青魚の油は貴重なので、
カロリーが許すのであれば、
積極的に摂りたいものです。


話が少し逸れてしまいましたが、
同じタンパク質量を摂取しようと思っても、
・食品によって、食べる量が異なること
・部位によって、カロリーが変わってくること
この二つをしっかり理解してもらえればと思います。

コメント

非公開コメント