FC2ブログ
2016/10/05

タンパク質の必要量はどのぐらい?具体的にお教えします。

前回 タンパク質がなぜ必要なのかをお話ししました。
今日は、1日にどのぐらい必要かを
実際のタンパク質で考えてみたいと思います。


普通体型で、あまり運動をしない人
自分の体重(kg)×1.08g
運動習慣がある、筋肉質の人
自分の体重(kg)×1.2〜1.3g

この計算から、一回の食事に
20〜30gのタンパク質が必要なことがわかります。


では、食品別に見ていきましょう。
肉類は、100gあたり、
鶏肉15〜25g
豚肉15〜20g
牛肉10〜20g
となります。

肉

どの肉も部位によって異なり、赤身の肉質(ささみなど)になるほど、
肉の量が同じでもタンパク質の含有量が多いです。


魚では、100gあたり20g前後です。

魚さんま

卵は一つで6g

卵

納豆は1パック(40g入)で6.6g
豆腐は半丁で8.5g

大豆

牛乳は1本(200ml)で6g


でも実は炭水化物がたくさん含まれていると言われる
ご飯やパン、麺類にも
意外とタンパク質が多く含まれています。

スパゲティ

ご飯には150gあたり4g
パン6枚切1枚あたり1g
麺類100gあたり10g


また、野菜にもタンパク質が多く含まれる野菜があり、
有名なものには、
ブロッコリーや枝豆、菜の花などがあります。
しかし上記に比べると、たいした量ではありません。

タンパク質野菜


また、どの食品にもタンパク質が含まれているので、
少し足りないぐらいでちょうど良いと言えるでしょう。


バランスのとれた食事を心がけていれば、
タンパク質不足、または過剰になることは少ないです。


ダイエットをしていて、欠食したり控えている方は
不足気味になりやすいです。


また、肥満、肉魚好き、運動をしない方は、
過剰気味になりやすいです。


前回もお話しした通り、
タンパク質は必要不可欠な栄養成分です。が、
過剰も体に負担を与えてしまいます。


これを読んでくださったあなたは、
自分にあったタンパク質の量を知ることができたと思います。
今日の料理のタンパク質量は、大丈夫かな?
ぜひ確認してみてくださいね。

コメント

非公開コメント