FC2ブログ
2017/04/30

こしょく

今 問題になっているこしょく。
こしょくと言っても、
色々な字があることをご存知でしょうか。


孤食・個食・固食・小(少)食・粉食・・・
など、食事の際の問題を表した言葉です。


このような言葉が出来始めたのは、20年ほど前です。
私が小さい頃にも、問題は少しずつあった気はしますが、
ここまで大きく取り上げられていませんでした。


私が小さい頃は、
両親共働き家庭も少なかったですし、
塾通いで、夜遅くなりコンビニで夕飯をすませる姿などは
見かけませんでした。


何を大事にするかは、その人個人の自由かもしれませんが、
そのように育ってきてしまうと、
それを繰り返してしまう、ということは多々あるようです。


正直 こしょくと呼ばれる食生活に、
良い意味が含まれるものはありません。
栄養士として、また母として
勉強よりまずこしょくをしないことの方が大切だと思います。

子供と食事

それらのこしょくを、ひとつずつ見ていきたいと思います。
(次回より順次、上げていきます)
個食について
孤食について
・固食について
・小食(少食)について
・粉食について
・濃食について
・戸食(外食)について
2017/04/28

集団指導「カロリーについて」

先日 岡崎市内で、
集団指導を行わせていたきました。
テーマは「カロリー」

集団指導 補正1

栄養指導自体も初めての方ばかりだとのことで、
皆さんに興味を持っていただけやすいもの、
また、スタッフさんが日頃気にしていることを考慮し、
この内容に決まりました。


お昼ご飯にどのぐらいカロリーを取っているのか、
今日のお弁当を見ながら、計算してみました。

thumb_P1110340_1024.jpg

とても真剣に耳を傾けてくださり、
また、一生懸命取り組んでくださいました。

集団指導 補正2

自分が今から食べる物ということもあり、
お昼ご飯が、自分の体となりエネルギーとなることを
実感しながら、受けていただけたのではないでしょうか。


今回のお話は1回のみでお受けしたので、
ぜひ続けてお話をさせていただきたく感じました。


それは、
やはり気になるのはカロリーだけではありません。
バランスや、運動のこと、日常生活のこと、


本当はすべて知っていただけて、
始めて行動に移せると思うからです。


私は指導内で、
病気を防ぐ生活習慣を送っていただくための
ヒントを得てもらうこと
が一番大事だと思っています。


今まで気にしなかったことを、少し気にしてみる
自分一人ではできなかったことが、
私やスタッフさんのサポートや
周りの方も頑張っているから頑張れる!


そう思っていただくことが大事だと思います。
今回受けてくださった方々が、
今までより食べることに興味を持っていただき、
健康で日常を送られるよう、
今後もサポートできたらと思っております。
2017/04/26

核兵器が使われたら

ニュースで、
北朝鮮と日米の報道が
毎日のようにされています。


アメリカが威圧的な態度を見せると、
北朝鮮が挑発的な言葉で返してくる、
平和を望む私にとって、
毎日が息苦しく感じます。

原爆ドーム

もし、核兵器を使ってしまったら、
想像するだけで
涙が溢れてきてしまいます。


人ばかりか、野菜にも大きな影響があるのです。

土と大根

人は移動できても、畑に植えれらた植物は移動できません。
ですので、放射能の雨を浴び続けてしまいます。
放射能を浴びてしまったものを食すると、
その人に蓄積されるため、とても危険です。


土の中に埋まっていたものなら、
かなり放射能被害が少ないそうです。
すぐ食べるのなら、根菜類なら大丈夫そうです。


しかし雨が降ってしまうと、
地上にある放射能が流れてしまうため、
土の中まで汚染されてしまいます。


こうなると、あたり一面の食べ物は、
土壌が汚染されてしまうため、
何年も食べることができなくなるでしょう。


水だって、同じことが言えます。
浄化槽に入り込んでいたものはまだ良いですが、
川などでは汚染が始まっていますから、
すぐに飲めなくなってしまいます。
綺麗になるには、かなりの年月がかかるでしょう。


核兵器を使う、と簡単に言いますが、
何のために使うのか、私には分かりません。
みんな仲良くなればいいのに、、


最低限、お水の確保と食料の確保は
しておいたほうが良さそうです。
備えあれば憂いなし、とは言いませんが、
少しでも不安が解消されます。


また、逃げる場所などに関しても、
家族で話し合われておいたほうがいいと思います。


栄養とは少し離れてしまいましたが、
今の状況からして話さずにはいられませんでした。
このようなことが起きないことを祈って、、
2017/04/25

食料自給率とは?

農林水産省が出している、日本の食料自給率は39%。
この39%という数字、
何に対して出している数字かご存知でしたか?


今まで学校でも、新聞でも自給率が低いと聞いてきました。
しかも低下の一途だとも。


ただ39%というのは、カロリーベースの数字。
生産高で見たら66%もあり、
世界に劣らない数値なのです。


しかし、やはり問題もあるようで。
以前から食べられているものは作られているのですが、
最近食べられるようになったものは、
ほとんどが輸入に頼っています。


小麦や油の原料はほとんどが輸入です。
また、豚や牛などの家畜の飼料も輸入に頼っています。
また贅沢に日本で作られていないフルーツなども
食べられるようになりましたしね。


このように日本で作れていないものはありますが、
世界的に見て、足りなくなるということはないようです。
実際に休耕地は世界に沢山あります。


もっと需要が増えれば、休耕地を使い、
作り出すはずだけど、未だその動きは見られない
=世界的に見て、まだ食料が十分にある
ということになります。


しかし食料をこれ以上日本国外に頼むようになるのだけは
避けたいとは個人的に感じています。
日本人に合った食生活は日本食なので、
日本食を食べていれば、自給率は自然と上がるはず。


これからの自給率が下がらないよう、
しっかりと監視していきたいと思います。
2017/04/23

5.5㎞

今日は本当にいい天気。
季節が良くなったら、ウォーキングに行きたいね
とかつてからの希望で、今日実現しました。


いつもは車で行く5.5㎞先の大きな公園まで、歩こう!
という話になりました。
今まで一気に2.5kmほどは歩いたことがあったのですが、
こんな距離は初めて。


桜は散ってしまいましたが、
新緑が気持ちいい季節になってきました。
鳥たちも気持ちよさそうです。

d6f798bd06fcb8f050b80e65ea96e8e8_s.jpg
(イメージです)

子供達も途中、
オオバコで綱引きをしたり、綿毛を飛ばしたり、
楽しそうです。

オオバコ

1時間半かけて、ようやく到着!
早速 お弁当タイムです。
さあ、遊ぶぞ!と思った矢先、


次女が、おしっこ漏らした、、と。
4年ほど前に卒業したはずなのに。なぜ??
呆然としながらも、帰宅準備を始めました。


次女と私だけ、帰宅の途につきました。
なので、こんな時間にブログを書いています。
娘は、今日の日記を書いています。
何を書くのでしょうか。


今日は本当にいい天気。
ウォーキングを頑張ったので、
怒らないことにしました。
ま、こんな日もあるでしょ。


今日のブログでお伝えしたかったのは、
こんなで歩きやすい季節になったので、
少し運動したり、体を動かして、
たまった脂肪や老廃物を外に出してあげましょう。


食事でセーブすることも大事ですが、
ある程度運動をして、筋肉をつけてあげることも大事です。
また、基礎代謝もあがるので、太りにくくもなります。


ぜひ運動を取り入れて、
健康増進を目指しましょう!
2017/04/22

餃子作り

今日は久しぶりに餃子です。
餃子って、肉料理と思われがちですが、
美味しい餃子って、野菜ばっかりなんですよね。


野菜を美味しく食べるために、
ミンチが気持ち入っているかな〜といった感じ。
一般的には、お肉:お野菜=3:7なんですって。


材料と調味料を混ぜたら、
次は、子供達の出番。
皮がこれだけあるから、
具と上手い具合に包んでね、と渡します。

餃子作り手伝い

上の娘は皮と具を見て、
10個でこれぐらい作れば余らない!
と算数をうまく使って分けます。


そこを邪魔するのが、次女。
作るのに夢中で、分けたことなんて、
すっかり忘れてしまいます。


はじめは泣きべそを書いていた長女ですが、
最近では慣れた様子。
皮が余ったら、チーズを巻いて揚げてね!と。


そうなんです。餃子の皮が余ったら、
うちでは細く切ったチーズを皮で巻き、
油で揚げて食べています。


長女はそれが大好き。
ただ、カロリーはすごいので、
その他は質素な和食にして、カロリーをセーブ。


そして具が余ったら、捨てずに、
卵と絡めて炒めてください。
スパニッシュオムレツ風でも美味しいですよ。


頑張って上手に焼くぞ!!
今日はビールが進みそうだ。

焼き餃子
(イメージです)
2017/04/21

温かい気持ち

今年度で10年目を迎える
ベジタブルおばさん活動。


会員のみなさんは、本当に心が清らかで、
一緒に活動をしていると、
黒々した自分の気持ちが一掃されるのがわかります。


そんなベジタブルおばさんも、
実は活動の危機なのです。
以前人が集まらないという話もしましたが、


実は予算もなく、
実質スタッフが費用を出したり、
ボロボロのものを使い続けたりしている状態です。


特に、3回目に行う時に、
野菜に興味を持って欲しいと思い、
冬野菜を見せています。


自分の知っている野菜の名前を
自信を持って答えてくれたり、
ほうれん草、小松菜、水菜の見比べをして
興味を持ってくれたりと、
毎回 大好評です。


しかし、野菜は生き物の為、
毎回購入しなくてはなりません。
とても費用がかさみます。


そこで今 これらの野菜を、
作っている方に少しだけお譲りしていただけないか
とのお願いに色々なところに行っているところです。


大抵の方は考えておくよ、とさらっと流されるのですが、
先週 嬉しい連絡をいただきました。
自分が作っている野菜を使ってもらっていいよ、と。


その連絡をいただいた時は、涙が出るほど嬉しかったです。
野菜がもらえるのが嬉しいわけではなく、
そんなことを言ってくださる心温かい方がみえることに
感動してしまいました。


そして今日、その方の畑にお邪魔してきました。

鈴木さん畑

市が分画しているところをレンタルして、
趣味で野菜を育てているとおっしゃってみえました。

いただいた野菜

よかったら、とご好意で
新鮮なお野菜を頂いてきました。
野菜たちも、優しいご主人に作ってもらえ、
嬉しそうにしている気がします。


温かい気持ちが園児にも届くよう、
一生懸命 頑張ろうと思います。
今年は一層 温かな気持ちで活動できそうです。
2017/04/20

栄養指導の準備

今度 ボランティア活動
ベジタブルおばさんからの紹介で、
栄養指導をすることになりました。


栄養指導はしたことが何度もありますが、
久しぶりに行うこと、集団指導ということもあり、
かなり緊張しています。


病院での栄養指導の際は、
どうせまた聞いてもらえないだろう、、
という考えで行っていたので、
身も入りませんでした。


今思えば、
指導を行った方には申し訳ない気持ちです。


患者さんの大半は、
聞きたくもない栄養の話を、
強制的に受けなければならない方ばかりでした。


その嫌気を感じてしまい、
こちらもやる気を失っていたところはあると思います。
でもこれは言い訳なんだなと気づきました。


やる気のない方に、
少しでも興味を持ってもらう、
それ、いいね!と思ってもらえるか、
そのように持っていくのも栄養士の仕事なのです。

指導1

知識だけを教えるのではなく、
共感し、その方にあった方法を見つけ出し、
少しでも改善できるようサポートする、

サポート

それが栄養士の仕事の第一歩なんだと。
知識だけ詰め込んでも、
行動に移してもらえなければ意味がありません。


栄養に興味のある方は、
おそらく自主的に実践されている方がほとんです。
ただその際に出てきた疑問を、
私たちのような栄養士に来てもらえたらと思います。

はてな 女性

興味のない方でも、
毎日食べている食事です。
全く皆無なわけではありません。


その方々にもっと耳を傾けてもらうためには、
どうすればいいのか?
答えはまだ出ていません。


本番は来週です。
それまでにしっかりと考え、
本番に臨みたいと思います。
2017/04/18

ヤマブシタケ

スーパーで、こんなキノコを見つけました。

ヤマブシタケ袋入

ヤマブシタケと言うそうです。
しかも破格の値段。
早速 購入してみました。


スーパーでは、炒め物・煮物・汁物
なんでも美味しいとのこと。
一番味が楽しめるであろう汁物に入れてみました。

ヤマブシタケまま

白くて、形状はこんな感じ。
触りごごちは他のきのこに似ています。


食べた感じは、
キノコというよりは、海藻に似ているかな。
歯ごたえは優しい感じで、
キノコ独特の匂いや香りは薄いです。


キノコ嫌いの娘も、
本当にこれ、キノコ?というぐらい。


このヤマブシタケ、
乾燥させて、生薬としても使われているようです。


また、キノコ類全般で言えることは、
カロリーが低く、繊維が多い
という利点ばかり。

キノコ類

ぜひ積極的にとってほしい食材のひとつです。
ちなみに私の家の冷蔵庫には、
必ず何かしらのキノコがいます。
毎日 大活躍です。
2017/04/14

グラタンとポテトサラダ

今月も娘たちに料理を作ってもらいました。
今月は自分たちの作りたいもの。
長女はグラタンを、
次女はポテトサラダを
作るそうです。


長女は、火の扱いが怖いらしく、
できればレンジとオーブンだけでやりたい!と、
色々本で探していました。


でも、うちにレンジで茹でるタッパーがないため、
火を使わなくてはいけません。
そこで、マカロニ無しのグラタンを選択。


しかもルーの代わりに、
クリームコーンと牛乳を入れるという
斬新なものを選んでいました。


次女はというと、
玉ねぎが入ると辛いと言って食べないので、
少し茹でると書いてあったものを選んでいました。
これで辛くない!と大張り切り!!

娘たち料理 野菜グラタンとポテトサラダ

野菜と格闘している娘たち。
手さばきも安心して見てられるようになりました。
私は楽しみに、仕事をしていました。


長女は早々と、できた!との声。
さすがです。あとは焼くだけ。


次女はまだ本の読み方がわからなかったらしく、
順序を間違えて、
ジャガイモがなかなか冷めないという事態に。
これも勉強です。


それでも美味しそうなものが出来上がりました!
こちらがポテトサラダ。

 ポテトサラダ

こちらが野菜グラタン。

野菜グラタン

たんぱく質が足りないと思ったので、
鶏肉のピカタを作って、夕飯としました。


二つともとっても美味しい!
ポテトサラダは、
私の味とは異なるけど、
とても好きな味に仕上がっていました。


野菜グラタンは、思ったよりあっさりしていました。
豆腐を使ったグラタンぽい感じです。洋風茶碗蒸し?
野菜本来の味が生かされている感じで、
とても美味しかったです。


どんどん上達していく娘たちに、
負けてはいられないですね。
私も頑張ります!