FC2ブログ
2018/02/25

添加物実験 その2

添加物実験は続きます。
(前回の添加物実験はこちら

IMG_0668.jpg

こちらはウインナー。

ハムやウインナーには、亜硝酸塩と言って、

・良い色を保持するため

・ボツリヌス菌の繁殖を防ぐため

に使われています。





確かにボツリヌス菌は強いので恐ろしいですが、

加熱することにより、菌は死滅しますし、

今までウインナーでボツリヌス菌が発症した例がありません。





では何のために使われるのか?

それは、残ったもう一つの理由

見た目からです。





実際に亜硝酸テスターで見てみると、

IMG_0670.jpg

左の一般的なウインナーではかなりの反応が。

でも美味しそう!と思うのは左の方だと思います。

人の慣れって怖いですね。





市販のおにぎりと自分の握ったおにぎりを、

水の中で崩してみると、、

という実験もしました。



すると、なぜかコンビニのおにぎりの方に油膜が。

・型から剥がれやすいように

・お米が長時間経っても、硬くならないように

との理由で使われているそうです。





一般家庭だったら使わないものが、

コンビニにはたくさん使用されています。

ぜひ裏の表示を確認してみてください。

おにぎり添加物

あんなにシンプルだと思っていたおにぎりなのに、

こんなに添加物が、、、びっくりすると思います。





身の回りにたくさんある添加物。

便利になったからこそたくさん使われるようになりました。

でもその添加物は本当に必要なのでしょうか。





自分の体を考えると、許容範囲だと言われていても

取り入れたいものではありません。

食生活を見直すきっかけになると幸いです。
2018/02/22

添加物実験 その1

いつも有機野菜や無添加調味料などを宅配してもらっている生活クラブで、

先日 子供を対象にした実験を開いてくれました。





子供たちは興味津々。

IMG_0656 (1)

これは科学の力で、ジュースを作っている様子。

要するに果汁0%のジュースです。

でも、なんだか飲んだことのある味。





果汁を全く入れていないのに、

その香り味がする、

なんとも不思議な感覚でした。





お次はこれ。

IMG_0665.jpg

毛糸が染まるかな?実験です。

着色料の違いで、

羊毛の染まりが異なるという話です。





実験に使われたのは、

果汁から取れた自然の着色料

人工的に作られた人工着色料の2つ。





M&Msのチョコ1粒なのに、

こんなにはっきり色が出るとは、、

そして、この人工着色料が入るのは、

私たちのからだの中。





考えただけで恐ろしいです。

小さな積み重ねですが、

毒はなかなか排出されず、体内にたまってしまいます。





そして、まだ実験は続きます。

続きは次回。