FC2ブログ
2018/08/25

まだまだ暑いですね、熱中症対策を!

台風が去ったと思ったら、

また暑さがぶり返してきましたね。

そして今日も30度を超えています。





今年はこの暑さで、熱中症患者も例年以上だったようです。

皆さんは大丈夫でしたでしょうか。

でも油断は禁物です。





今年はまだまだ暑い日が続くようです。

熱中症対策をしっかり行っていきましょう。

水分補給

テレビなどでも対策についてはかなり言われていたように思います。

かなりの知識もついたのではないでしょうか。





・定期的に水分を摂取すること

・塩分だけでなく、糖質も同時に取ると良い

・太陽下だけでなく、室内にいる人も気をつけること





などが注意すべき要点です。

では塩分だけでなく、糖質も同時に取れる優れものの水分って何?

色々な飲み物


1、お水、お茶
2、コーヒー、紅茶、緑茶
3、ジュース、ポカリスエット、アクエリアス
4、牛乳
5、お酒


飲み物と言ってもたくさんありますね。

皆さんはどれが良いのかお分かりですか?





塩分と糖質を含んでいるものとして有効なのは、

3です。





ただ、飲み過ぎはただの糖質過剰となり、肥満の原因等になります。

たくさん運動した人は500ml飲んでも大丈夫ですが、

他の方はこの辺りも気をつけなければいけません。

むやみにポカリスエットをがぶ飲みする、なんて行為はやめましょう。





水しかないときは、塩飴などを舐めると、

水分と塩分、糖質を同時に摂取することができます。

あまり激しくないときは、これぐらいで十分です。





また牛乳ですが、熱中症を予防するものとして

効果的であると言われています。

様々なビタミンやミネラルが含まれていますものね。





熱中症になっても効果的らしいですが、

牛乳を持ち歩いていることはほぼないですし、

熱中症にかかった時に飲みたいか?という疑問も生じます。





お酒や緑茶、紅茶やコーヒーは利尿作用があるため、

水分は外へ出て行く方向になってしまいます。

運動をしてすぐ飲むのはやはり避けたほうが無難かもしれません。





決して害というわけではないので、

飲みたい時は、他のものとセットで飲みましょう。

熱中症にかかった時は、体を楽にして冷やしてやることが一番です。





かかってしまった時は木陰を探したり、家でもエアコンをつけたりして、

ボタンやベルトなどを緩めましょう。

そして、水分補給ができない時は、

体を冷やすタオルで拭いてあげるだけでも効果があります。

ビックリマーク

口から入れるだけでなく、他でもできる対策を取りましょう。

そして、塩分や糖分を含むドリンクは飲む量を考えて。

取り過ぎも体が悲鳴をあげています!
2018/06/14

やろまい!やろまい!

先日 岡崎の食育ボランティアの集まりに参加してきました。

そこでは、食育推進計画を説明していました。

こう見ると、岡崎って結構食育に力を入れているのですね。





食育やろまいプロジェクト8カ条ですって。

やろまい!とは方言で、やりましょう!です。

早速 中身を見ていくと、

IMG_0809.jpg

私が知らなかったこともありました。

その中で話し合ったのが、

「お家でやろまいプロジェクト」です。





要は、食品ロスを減らそう計画です。

デパートやコンビニなどでのものも問題ですが、

最近では、家庭から出るものも結構な量だそうです。





そこで、

毎月8日は、冷蔵庫クリーンアップデー

毎月18日は、勿体無いクッキングデー

を制定し、毎月見直せるようにしているそう。

食品ロスゴミ箱へ

でも、市民にその周知がなされておらず、

それをどうにかしたいので、

良い案をみんなで考えることになりました。





日本全国でこの問題があることは知っていましたが、

(私のブログにも何度も取り上げています)

岡崎でもこのような目標を掲げていることは

全く知りませんでした。





食育に関しては、

他の方よりアンテナをのばしている私でさえ知らないのです。

一緒のテーブルにいた方どなたも知りませんでした。





そこでみんなで考え、

・講座を開く

・役に立つものを配布する

・子供と一緒にできる何かを行う





など、個々に考えた案を出し合いました。

実践されるかはわかりませんが、

岡崎市民が、少しでもそのことに興味を持ち、

食品ロスが減ることを期待したいです。

ハートを持つ女性
2017/05/28

こしょく、まとめ

今日まで色々なこしょくを見てきましたね。
どんな印象をもたれましたか?


他にも、
超食:食べ過ぎ、飲みすぎ
コ食:コンビニ食
五食:朝食抜きで、おやつ⇒昼寝⇒おやつ⇒夕食⇒夜食といった五回食
戸食:家で食べない
庫食:冷凍食品など、電子レンジで温めるだけの食事
枯食:水分が乏しいスナック菓子、インスタント食品
呼食:ピザ宅配など、デリバリー食
こんなこしょく問題も広がっています。


共働きやたくさんの習い事で、
食事に対する時間がなかなか取れない、
という家庭も多くなってきています。


このように食事を軽視することで、
これらのこしょくが生まれてしまったのです。
栄養士としては、とても残念なことです。


ではどうすればいいのか?
それはー、
できる限り家族で食事を一緒に摂ることです。

みんなで囲む食卓

食事を共に摂ることで、
家族がどんなものが好きなのかわかります。
食の好みの変化にも気づくことができます。
周りが食べているので、自分も食べようと努力したりできます。


食べ物のことばかりでなく、
どんな悩みを持っているのか?
今日の出来事など、
コミュニケーションをとることができます。


一番重要だと言われているのは、3歳から8歳の食卓です。
この時期に食卓でいかに家族が一緒に食事をするかで
その後の食生活が左右されます。


たかが食事だけではなく、
食事によって人生も左右する、
それぐらい大事なものです。


もっと食事について考える機会を持っていただき、
ぜひ食事から、楽しい家族・幸せな家族の形を
培っていただけたらと思います。

家族笑顔
2017/05/24

こしょく、濃食

今日は最後のこしょくー濃食
についてお話しします。
この〝濃〟という漢字には、主に濃い時に用います。


その意味のごとく、この濃食は、
食事に対して、味付けを濃くしたり、
特定の調味料ばかり使用したり(マヨラーなど)、
味に関して問題行動があることを指します。


味付けが濃くなると、どうしてダメなのか?
味が濃いと、塩分の取りすぎになり、
むくみが生じたり、腎臓に負担をかけてしまいます。

醤油と塩

また、漬物とご飯を食べるように、
塩分の濃いものはついご飯の食べすぎになってしまい、
カロリーオーバーになりがちになります。


特定の調味料ばかり使用していると、
味がだんだんわからなくなってきて、
どんどん増やす傾向にあります。


唐辛子で一時期、そのようなことが言われましたね。
量がだんだん多くなっていく、と。
調味料でも同じことが言えるのです。


舌にある味蕾という味を感じる場所が、
徐々に感じなくなってしまい、
もっと濃い味を求める傾向があります。


特に小さい子供になると、
味蕾が未発達なので、影響が大きいと言われています。


あなたの食事は、濃食になっていませんか?

調味料置き
2017/05/22

こしょく、粉食

押さえておきたいこしょくを、
いくつか紹介してきました。
今日は、粉食についてです。


粉食:なんとなく想像できるでしょうか。
粉から作られた食べ物のことです。
小麦粉や米粉、そば粉を使って作られたものを指します。

小麦粉の料理

パンやスパゲティー等、色々ありますね。
日本食としても、うどんやそば、お好み焼きなど、
粉食が浸透しています。


しかしなぜこの粉食が問題視されているのでしょうか?
それには、以下のようなことが言われています。


・噛まなくなる
粉食は固形のものより噛まなくても簡単に砕けます。
ですので、顎も発達しませんし、
このまま使われないと、歯も後退していく可能性があります。
また、満腹中枢も働きづらくなります。


・粉食の献立に問題あり
粉食にした場合、どうしてもそれだけ、
あるいは作ってもあと一品です。
そうすると、バランスが取りにくい献立となります。

冷やしそば

・塩分の取りすぎ
小麦粉を使う際も、おそらく塩を加えますし、
麺類やパンにはもとから塩が含まれています。
そこにお汁やソースを絡めて食べるので、
塩の摂取量がが多くなりやすくなります。


この粉食、簡単に作れて便利ですが、
やはりこれをメインの食事を増やしてしまうと、
問題が生じやすくなるのではないでしょうか。


摂るのをお勧めしないわけではありません。
バランスが少しでもよくなるよう、献立を工夫したり、
よく噛むよう気をつけたり、
ソースの量を減らして塩分摂取量を減らすなど
自分なりに考えて工夫をしてみましょう。

お好み焼き